So-net無料ブログ作成

星空 [diary]

夜の星に僕らを重ねて 寄り添いあったあの夜 暗闇の中で一つの孤独が もうひとつの孤独を呼びました 都会の空の明るさに掻き消された星 人ごみに押し流されて消えた君 訳がわからず立ち尽くしました サイフをすられて家へ帰れなくなりました バスで行く道を 一人歩いて 胸が苦しくなり 空をチラ見 流れ星はない 願いは叶わない 雲が空にフタをして やがて雨は降り出す 孤独と孤独が出会いました 天の川の向こうの姫さんのように 君は全てを捨ててまで 僕の孤独を拾いました 共に見た星空は ずっと頭上にあるでしょう 地べたを見て歩く僕は 来年には猫背になりましょう 君はきっと知らないでしょう 君が救った孤独より 君が去った孤独の方が ずっともっと大きいんです まさしくそれは10億倍 夜空の星と同じ数
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。